弁護士からNPOまで?借金相談の場所を選ぶには

数年前に過払い金の返還請求が話題を集めてから、借金の相談をするという事務所や団体がウェブサイトを作って相談者を集めることが増えてきました。一件きれいなウェブサイトを持っていて信頼できそうなものでも、実は相談できる範囲に制限があったり借金で苦しむ人をさらに悪い状況に追い込むようなものがあるので、相談先ごとに特徴を知っておきましょう。

弁護士・法テラス
弁護士は借金の整理に関する全ての手続きを依頼人に代わって行うことができます。借金の相談ができる範囲にも制限はありません。法テラスは国が運営する機関で、借金その他の法律的な問題で困っている人のために相談先を紹介したり、無料での法律相談や弁護士への依頼費用の立て替え(民事法律扶助)をおこなっています。敷居は高そうに見えますが、一番安全な相談先です。

司法書士
自分の事務所を「法務事務所」というところがあります。弁護士の事務所が「法律事務所」というのとまぎらわしいので気をつけて選んでください。
司法書士は弁護士に比べて、依頼人に代わって、つまり代理してできる範囲が狭いのが特徴です。債務整理では140万円を超える過払い金の請求や、自己破産の手続きを代理することができません。

行政書士
行政書士も自分の事務所を法務事務所と名乗っていることがあります。依頼人からお金をとって法律相談をすることは実は許可されていないことと、裁判所に行う手続きに関わることができる資格ではないので、相談先にするメリットはほとんどありません。

NPOその他の団体・会社
良し悪しのばらつきがとても大きいのが特徴です。多重債務者が法律関係者の関与を得て作った団体は各地にあり、信頼できるところもあります。
一方、過払い金返還請求など儲かる依頼だけ集める目的があったり、ヤミ金等への借り換えを勧めるような相談先もありますので、ウェブサイトだけで相談すると決めてはいけません。近くに同じ相談先を利用したことがある人がいるなら、使ってみてもいいでしょう。

借金に関する最初の相談は、市役所などがおこなう無料の法律相談を利用することもできます。各自治体の広報を確かめてみてください。

借金相談で債務整理を迅速に行うことが重要

 借金問題が大きくなってきた時にどうすればよいのか? まだ傷が浅いうちは、金利の低い会社への債務の一本化や収支の徹底した見直しなどで、解決できる可能性が残ってます。
 しかし、最早返済不能状態にまできてしまったら、債務整理を考えなくては行けません。
 債務整理には任意整理、個人再生、自己破産があります。これらは弁護士や司法書士に相談してから行います。注意点として司法書士は140万円以下の債務整理、過払い金回収しか出来ないので自分の状態はしっかり把握しておかなければいけません。
 債務整理をひとつずつ説明します。まず任意整理は弁護士か司法書士が債権者と交渉して、借金を減らして貰ったり利息を大幅に下げてもらうか無利息にしてもらいます。過払い金があればそれを元本返済に当てて借金を減らします。
 これらのことは裁判所を通さないので、書類の提出や裁判所からの通知待ちなどが無くて済みます。
 任意整理は借金を帳消しにするのでは無くて、条件を緩めて貰って完済しようとする行為です。ブラックリスト入りはしますが、官報には掲載されません。
 次に個人再生です。これは裁判所に申し立てをするのですが、自己破産のようなすべての債務の免責を求めるのではなくて、大幅な減額をしてもらう制度です。任意整理よりも減額は大きくなり、家や車といった財産を処分しなくてもよい場合もあります。ただし、返済出来るだけの収入がないと手続きは出来ません。それと、当然ブラックリストにも乗りますし、官報にも掲載されます。
 個人再生は任意整理では解決しきれないけど、自己破産はしたくない人が取る手段です。
 最後に自己破産です。これは裁判所に破産申告を提出して、その後免責許可をもらって借金を帳消しにする手続きです。
 支払い不能に陥った場合のみで、財産があるのなら処分しなければいけません。しかし、ある程度のものは残せます。例えば古い車などで国産自動車は登録年数が7年を超えると無価値と判断されて、どんなに綺麗な状態でも手元に残せます。自己破産を財産が無い人が行うと非常にスムーズに事が運びます。
 自己破産で債務が帳消しになっても、保証人には一切影響がありません。つまり、保証人に対する債務は継続されるのです。
 ブラックリスト入りして官報にも乗りますが、借金を無くしてやり直すためには仕方がありません。
 とにかく借金の問題を抱え込んだら然るべき所に相談に行き、速やかに問題解決を図るべきです。債務整理はそれほどハードルの高いことではないので、デメリットもありますが、早めの行動をオススメします。

借金相談をするメリットとは

借金は金額が多くなれば今後の生活に負担がかかるため効率的に返せるように考える必要があり、最適な対処方法を知る方法が望ましいです。借金に関する疑問点を解消する方法は弁護士に相談すると効果的で、闇金などからお金を借りて多くの利息の金額を払い過ぎた時や過払い金の請求方法など今後の生活につながるように考える方法としてかつようすると便利です。
借金に関する疑問点は返済方法や違法な取り立てなどに対処することなど様々な事例が多く、自分勝手に判断せずに最適な方法を診断してもらう必要があります。多くのお金を借りる場合は長く利用すると利息の金額が高くなるため、返済計画を正しく考えることや金額が多くなり過ぎて今後の収入の範囲内で返済が不可能な場合には弁護士などに借金相談をする方法が最適です。
借金に関する悩みは人それぞれで、一人で悩むと無駄な時間を費やし多くのお金を支払う羽目になるため最適な解決方法を知ることが大事です。借金は借りる期間が長くなれば金額に応じて利息の金額がかかるため、複数の会社から借入がある時はおまとめローンをする方法やローンの審査に通らない時は自己破産や債務整理を考える方法が望ましいです。
自己破産や債務整理をする時は仕組みを正しく把握する必要があり、借金をなくして取り立てを防げるものの今後の生活に影響が出るため弁護士に相談して決める方法が最適です。借金相談は法律事務所によっては無料で行っているため、些細なことでも気軽に相談すると今後の人生を改善するきっかけをつかみやすいです。
借金相談をするメリットは借金に関する疑問点を解消し今後の生活を改善するきっかけを作ることができ、多くのお金を借り過ぎた場合などには借金から開放されて今後の生活を安心して過ごすきっかけを探せることです。相談をする時は事情を的確に説明する必要があり、借金から開放されて今後の生活を改善できるように方向性を正しく決めると効果的です。

借金相談をするときは必ず専門家の弁護士へ

借金が増えてしまうと、それだけで生活が苦しくなってしまいます。借金が増えることによって、金融機関からの催促が多くなってしまうので、精神的に非常に辛くなってしまいます。また、借金の返済をしなければならないので、生活費が大きく減ることになります。借金が増えることで精神的にも肉体的にも辛くなりますので、借金でどうしようもなくなったときは解決策を模索する必要があります。そのまま借金を返済出来るならその方法が最善ですが、中には借金を返済することが出来なくなってしまうこともあります。そうなると、どうしても一人で悩んでしまうことが多くなりますが、必ず借金相談を行うようにしましょう。専門家に相談することによって、増え過ぎてしまった借金についての解決策を示してもらうことが出来ます。借金相談をするときは、専門家の弁護士に相談するようにしましょう。弁護士は法律の専門家ですので、債務整理など借金で苦しんでいる人を助ける方法についての専門家でもあります。弁護士に相談するときは、出来るだけ近隣の弁護士に依頼することと、債務整理の専門家に相談するようにしましょう。弁護士にも得意分野というものがありますので、債務整理が得意分野の弁護士に依頼することでスムーズに話が進みます。弁護士に相談して行うことが出来ることは、まずは現状の再認識です。本当に債務整理しか残された方法はないのか、普通に借金を返すことが出来るのかを話すことが出来ます。債務整理しか方法がないとすれば、どのような方法にするかを決めます。自己破産、任意整理、民事再生、過払い金返還と様々な方法があります。自己破産をすることによって、借金を全てなくすことが出来るようになります。ただ、当然ですがデメリットもあります。財産を処分しなければなりませんし、クレジットカードをしばらく持てなくなったりします。その辺りの債務整理の特徴についても、弁護士ならしっかりと説明してくれますし、代行して手続きを行ってくれます。

借金相談は気軽に

借金は1人で抱え続けて悩んでいても決して解決しません、返済し続ければなんの問題もありませんが、毎月の返済が滞ってしまい、常に借金のことで頭がいっぱいなんていう状態になってしまったら要注意です、早めに借金相談することを考えましょう。
借金相談するならやはりプロに頼むのがベストです、法律事務所などであれば最近着手金が無料で相談できるところもたくさんありますので、インターネットなどで調べてみるといいでしょう。
借金相談で多いのはやはり多重債務などによる返済が難しくなってしまったことによる債務整理です、債務整理をしたいと思っても素人ではなかなか難しいものがあります、うまくいかなければ結局ストレスとなってさらに借金で頭を悩ませる原因となってしまいます。
法律事務所には債務整理のプロがたくさんいます、いろいろある債務整理方法の中からどの方法がベストなのか?業者さんとの仲介や事務的な手続きなど、様々なことを代行してもらったり教えてもらえますので確実にこれまで悩んできた借金との辛い日々から脱出することができます。
債務整理は読んで字のごとく、今抱えている借金を整理する手段です、債務整理をすることによって借金を減額したり、借金の支払い自体を免除されたり、あるいは払いすぎた金利を過払い金として取り戻すことができる場合すらありますので、既に借金を払い終えた方でも借金相談をすることによって払いすぎた借金が戻ってくる場合すらあるのです。
債務整理には任意整理から自己破産まで様々な整理手段があります、任意整理は業者さんとの話し合いによって金利を無くしたり返済額を減額したりといったことが可能になります、債務整理の方法としては一番軽いものになります、逆に自己破産は最後の手段と言っていいでしょう、今の自分の借金の状況によってどの債務整理方法がベストなのか?それを知るためにもやはり法律のプロフェッショナルに頼むことは非常に有効です。

弁護士や司法書士に借金相談したらどうなるのか?

カードローンなどでお金を借りすぎてしまってにっちもさっちもいかなくなってしまっている人もいると思います。借金から逃れるために夜逃げをするなんて考えている人もいるかもしれませんね。でも、ちょっと待ってください。借金というのは整理できるというのをご存知でしょうか?たとえば自己破産という言葉を聞いたことがあることと思います。借金をどうしても返せない場合はこういった制度を利用するのも一つの手なのです。だからまず借金の返済ができないと思った時点で、夜逃げなどを考えずに弁護士や司法書士の方に相談するべきです。弁護士や司法書士の方に相談したら、様々な方法で私たちを救ってもらえます。
最初に紹介するのは自己破産ですが、自己破産は最終手段だと思ってください。借金をしている人を救ってくれるものには変わりないのですが、借金を帳消しにしてくれる代償として財産を手放さなければなりません。つまり、家や自動車などの財産を手放す必要があるのです。ただ、財産は手放したくないという人もいるでしょう。そんな場合は次に紹介する任意整理がオススメです。こちらは自己破産と違って借金を帳消しにするものではなく、減額にしてもらう方法となります。こちらの方は安定した収入があるという人向きで、これまで長年借金を支払ってきたという人は過払い金なども発生していて大幅減額の可能性もあります。最後に紹介するのが民事再生です。これは任意整理で借金を減額しても支払いが難しい場合に取る債務整理の方法です。どうしても家は手放したくないけど、家のローンもあってカードローンの支払いは厳しいという場合はこの方法がベターです。地方裁判所に申し立てをすることで再生計画ができます。
自分だけで借金の問題を抱え込む必要はありません。借金で支払いが難しいという人は、あきらめずに弁護士や司法書士の方に相談しましょう。借金相談後に、それぞれに合った最適の方法で借金に対応してもらえます。

借金相談はどこにするべきか?

止まらぬ円安、不況の続く昨今、
生活苦ゆえに借金を重ね過ぎて八方塞がりに陥る方々も少なくありません。
「何とか現状だけでも乗り切れたら」「どうせすぐに返済するから」等、
あまり危機感もなく借金を重ねていった結果、気付けば返済できなくなってしまった。
本来なら借金というものはキチンと返済するべきなのでしょうが、
どう足掻いても返済できないのであれば仕方がありません。
そういった場合には自己破産や債務整理などの手続きを行い、
借金苦から逃れなければなりません。
しかし一口に自己破産や債務整理などと申しましても、
そういった手続きをした経験の無い人ばかりでしょうし、
自分一人ではどうすればよいか分からない人が殆どだと思います。
そのような場合、やはりどこかに相談に行くのが一般的と言えるでしょう。
ではそういった借金問題の相談はどこにすればよいのかと申しますと、
まず一般的なのは借金問題を取り扱っている弁護士事務所や、
各都道府県の弁護士会です。
借金問題を解決するにあたり弁護士に依頼すれば、
その後の債権者とのやりとりから事細かい書類作成まで全て請け負ってもらえます。
そうする事によって債務者は面倒な手続きや債権者とのやりとりを一切行わず、
裁判まで自由に過ごせる訳なのです。
しかし弁護士を依頼するとなると当然、弁護士費用がかかります。
ただでさえ借金でがんじがらめなのに、このうえ弁護士費用など捻出できない!
そういった債務者の方も多く居られるのではないでしょうか?
ではそのような場合は一体どうすればよいのかと申しますと、
やはり自分で全ての手続きを行う他、方法はありません。
そのような場合には、まず最寄りの区役所もしくは市役所に行き、
市民相談窓口へ訪ねると良いでしょう。
この国には多重債務者の再生を手伝ってくれる福祉機関が多様にあります。
市民相談窓口ではそういった福祉機関を紹介してもらえますので、
紹介された機関を訪ね、再生手続きの方法を詳しく教えてもらいましょう。

どこまで可能?無料の借金相談!

あらゆる事情で借金を抱えてしまったあなた。
何とか返済をしてきたがもう限界!
自分一人で抱え込むのももう疲れた!

頑張ってきたがもうどうすることも出来ない・・・少しでも楽になりたい・・・そんな時よく目にするのが弁護士事務所による借金の無料相談ですね。一緒に頑張りましょう的なフレーズで債務者の注目を浴び、債務者の方々が最後の砦としてワラをも掴む思いで無料相談に駆け込む事はよくある話だと思いますが、実際にそれで本当に解決するのでしょうか?

実は多くの場合弁護士事務所に出向いても、初回はせいぜい30分程度弁護士ではない弁護士事務所のスタッフから債務者の状況の聞き取りをされる程度で、弁護士との面談が出来ない、相談も出来ないというケースもあると言われています。もちろん弁護士の資格を持った方と面談し問題解決に向けた取り組みに進展すケースもありますが、それは債務者にある程度の支払い能力があると判断できた場合に限っての事で、多くのケースでは債務者の方々がイメージするような相談=明るい未来といった形にはならないようです。

そもそも弁護士もビジネスですから、お金をもらえないのであれば仕事になりません。特にスタッフを沢山抱えているような事務所になればなるほど、お金にならない相談物件は早い段階で見切りをつけてしまいたいものなのです。誰もボランティアで仕事をするような事はしません。

ではなぜあえて無料相談をうたって債務者を集めようとするのか?
それはよくいわれていますが、過払い金請求物件に関しては、貸金業者からお金を返してもらえる可能性がある為、その過払い金から変換されるお金が弁護士事務所の収益として見込めるからです。
貸金業者から相談債務者に返還されたお金から、弁護士費用として支払してもらえるという算段があってはじめて本格的に取り組みをしてもらえるというしくみです。

つまりは、債務者が借金相談に行っても多くの場合破産手続きについての説明や、個人民事再生手続きの進め方などについての相談(これも費用は多少かかるが・・・)になり、結局何かを失わなければ借金問題の解決は望めないという事なのです。

借金相談における段階的対処法

もし、知人や友人、あるいは親族などから借金相談を受けたらどう助言するのが適切でしょう。現代社会において金融に対する知識ゼロという状態は非常に危険ですし、現実に知識が無い為に借金に必要以上苦しめられる方もいます。そんな時に対処方法を知っておく事は自身、他者の問題問わず非常に役に立つのです。

基本的に借金で相談する場合は、既に返済が困難な状況が多いです。しかし、借金で追い詰められている時は冷静な精神状態ではなく、判断力が鈍っているケースもある為、返済を可能であるにも関わらず不可能と考えている事も珍しくありません。
相談を受けた時点でまず対処を促すべき行為は、債権者へ事情を話して支払いを待ってもらうよう進める事です。特に急な出費などで、一時的な資金を失っているのみで、雇用などの財源を失ったわけではないにも関わらず不安にかられている方に対する助言として適切です。

次に、客観的にみて失業などの返済困難な事情が発生し、支払いが困難となっている状態についてです。返済困難な場合には自己破産を想像するかもしれませんが、自己破産を行った結果本人が受ける損失は大きなものです。信用情報に事実記載がされるだけでなく、官報に公表されてしまうので、近所や知人に知れ渡るリスクもゼロとは言えません。
また、公表されるという性質上、将来に渡って不利になる可能性があるのです。
したがって、減額すれば返済が可能な場合などは、債務整理を検討し、住宅ローンなどのケースは任意売却を、多重債務などは特定調停や過払い問題を検討すると良いでしょう。
ですが、これらの問題はプロの債権者を相手取る事になる為、個人で行うのは困難を極めます。信頼できる弁護士などを検索し、依頼するべきだと言えます。弁護費用は高く付きますが、債務の規模が大きい場合は結果的に損失を抑える事に繋がります。

最後に取りうる手段が自己破産です。自己破産は前述した通り金融信用面でのリスクが非常に大きいですが、多重債務者などの場合はこの手段以外に方法がないかもしれません。また、連帯保証人に対する関係面でも危険は大きいです。ですが、長年返済を続けてきて力尽きたパターンなどでは、それ以上債務と関わる事で本人の精神状態が著しく悪化してしまうケースもあります。最悪の事態を避ける為に必要と判断したら、自己破産を進め、弁護士に依頼する事が解決への早道と言えるでしょう。

借金問題でお悩みの方の多くにご利用されている任意整理

弁護士事務所では借金問題のご相談ができます。
とても払いきれないような借金を抱えてしまっても、専門家にご相談することで解決が可能です。
債務整理には任意整理という手続きがあります。
任意整理は借金問題でお悩みの方の多くにご利用されている手続きです。
利息制限法の上限金利を超え、出資法の上限金利を超えないグレーゾーン金利で消費者金融から借りていたら、
利息制限法に基づいて引き直し計算を行い、払い過ぎた利息分を取り戻し、借金額を減らします。
債権者と裁判所を通さずに交渉し、将来利息のカットや今より楽な返済に応じてもらいます。
裁判所を通さないので比較的手続きが簡単です。
一部の債権者だけ選んで任意整理することも可能です。
連帯保証人が求められた借金がある場合はその借金を外すことで連帯保証人に一括請求が行かないように出来ます。
債権者に受任通知を発送し、それを受け取った債権者は取り立てが出来なくなります。
厳しい取り立てで悩んでいた方もかなり楽になります。
任意整理にはデメリットもあります。
それは様々な金融機関同士で情報を共有している信用情報に記録されてしまい、5年間ほどは金融機関から新規借入が出来なくなることです。
クレジットカードを作成しようとしても審査の段階で落とされてしまいます。
しかし5年が過ぎれば信用情報からは削除され、また新規借入もクレジットカード作成も行えるようになります。
ですが任意整理を行ったところから借入するのは難しく、借入先は以前より少なくなってしまいます。
その他にも自己破産や個人再生と比べると借金の減額幅が高くないです。
任意整理を行っても十分に減額されないときは自己破産または個人再生といった他の解決策を探すしかないです。
裁判所を通さないだけに債権者が任意整理に応じてくれないと成立が難しいです。
債務者ご本人で債権者と交渉するのは困難な場合が多いですが、弁護士に任意整理をご依頼すると交渉力があるのでお任せするにも安心です。