どこまで可能?無料の借金相談!

あらゆる事情で借金を抱えてしまったあなた。
何とか返済をしてきたがもう限界!
自分一人で抱え込むのももう疲れた!

頑張ってきたがもうどうすることも出来ない・・・少しでも楽になりたい・・・そんな時よく目にするのが弁護士事務所による借金の無料相談ですね。一緒に頑張りましょう的なフレーズで債務者の注目を浴び、債務者の方々が最後の砦としてワラをも掴む思いで無料相談に駆け込む事はよくある話だと思いますが、実際にそれで本当に解決するのでしょうか?

実は多くの場合弁護士事務所に出向いても、初回はせいぜい30分程度弁護士ではない弁護士事務所のスタッフから債務者の状況の聞き取りをされる程度で、弁護士との面談が出来ない、相談も出来ないというケースもあると言われています。もちろん弁護士の資格を持った方と面談し問題解決に向けた取り組みに進展すケースもありますが、それは債務者にある程度の支払い能力があると判断できた場合に限っての事で、多くのケースでは債務者の方々がイメージするような相談=明るい未来といった形にはならないようです。

そもそも弁護士もビジネスですから、お金をもらえないのであれば仕事になりません。特にスタッフを沢山抱えているような事務所になればなるほど、お金にならない相談物件は早い段階で見切りをつけてしまいたいものなのです。誰もボランティアで仕事をするような事はしません。

ではなぜあえて無料相談をうたって債務者を集めようとするのか?
それはよくいわれていますが、過払い金請求物件に関しては、貸金業者からお金を返してもらえる可能性がある為、その過払い金から変換されるお金が弁護士事務所の収益として見込めるからです。
貸金業者から相談債務者に返還されたお金から、弁護士費用として支払してもらえるという算段があってはじめて本格的に取り組みをしてもらえるというしくみです。

つまりは、債務者が借金相談に行っても多くの場合破産手続きについての説明や、個人民事再生手続きの進め方などについての相談(これも費用は多少かかるが・・・)になり、結局何かを失わなければ借金問題の解決は望めないという事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>