借金問題でお悩みの方の多くにご利用されている任意整理

弁護士事務所では借金問題のご相談ができます。
とても払いきれないような借金を抱えてしまっても、専門家にご相談することで解決が可能です。
債務整理には任意整理という手続きがあります。
任意整理は借金問題でお悩みの方の多くにご利用されている手続きです。
利息制限法の上限金利を超え、出資法の上限金利を超えないグレーゾーン金利で消費者金融から借りていたら、
利息制限法に基づいて引き直し計算を行い、払い過ぎた利息分を取り戻し、借金額を減らします。
債権者と裁判所を通さずに交渉し、将来利息のカットや今より楽な返済に応じてもらいます。
裁判所を通さないので比較的手続きが簡単です。
一部の債権者だけ選んで任意整理することも可能です。
連帯保証人が求められた借金がある場合はその借金を外すことで連帯保証人に一括請求が行かないように出来ます。
債権者に受任通知を発送し、それを受け取った債権者は取り立てが出来なくなります。
厳しい取り立てで悩んでいた方もかなり楽になります。
任意整理にはデメリットもあります。
それは様々な金融機関同士で情報を共有している信用情報に記録されてしまい、5年間ほどは金融機関から新規借入が出来なくなることです。
クレジットカードを作成しようとしても審査の段階で落とされてしまいます。
しかし5年が過ぎれば信用情報からは削除され、また新規借入もクレジットカード作成も行えるようになります。
ですが任意整理を行ったところから借入するのは難しく、借入先は以前より少なくなってしまいます。
その他にも自己破産や個人再生と比べると借金の減額幅が高くないです。
任意整理を行っても十分に減額されないときは自己破産または個人再生といった他の解決策を探すしかないです。
裁判所を通さないだけに債権者が任意整理に応じてくれないと成立が難しいです。
債務者ご本人で債権者と交渉するのは困難な場合が多いですが、弁護士に任意整理をご依頼すると交渉力があるのでお任せするにも安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>