借金相談で債務整理を迅速に行うことが重要

 借金問題が大きくなってきた時にどうすればよいのか? まだ傷が浅いうちは、金利の低い会社への債務の一本化や収支の徹底した見直しなどで、解決できる可能性が残ってます。
 しかし、最早返済不能状態にまできてしまったら、債務整理を考えなくては行けません。
 債務整理には任意整理、個人再生、自己破産があります。これらは弁護士や司法書士に相談してから行います。注意点として司法書士は140万円以下の債務整理、過払い金回収しか出来ないので自分の状態はしっかり把握しておかなければいけません。
 債務整理をひとつずつ説明します。まず任意整理は弁護士か司法書士が債権者と交渉して、借金を減らして貰ったり利息を大幅に下げてもらうか無利息にしてもらいます。過払い金があればそれを元本返済に当てて借金を減らします。
 これらのことは裁判所を通さないので、書類の提出や裁判所からの通知待ちなどが無くて済みます。
 任意整理は借金を帳消しにするのでは無くて、条件を緩めて貰って完済しようとする行為です。ブラックリスト入りはしますが、官報には掲載されません。
 次に個人再生です。これは裁判所に申し立てをするのですが、自己破産のようなすべての債務の免責を求めるのではなくて、大幅な減額をしてもらう制度です。任意整理よりも減額は大きくなり、家や車といった財産を処分しなくてもよい場合もあります。ただし、返済出来るだけの収入がないと手続きは出来ません。それと、当然ブラックリストにも乗りますし、官報にも掲載されます。
 個人再生は任意整理では解決しきれないけど、自己破産はしたくない人が取る手段です。
 最後に自己破産です。これは裁判所に破産申告を提出して、その後免責許可をもらって借金を帳消しにする手続きです。
 支払い不能に陥った場合のみで、財産があるのなら処分しなければいけません。しかし、ある程度のものは残せます。例えば古い車などで国産自動車は登録年数が7年を超えると無価値と判断されて、どんなに綺麗な状態でも手元に残せます。自己破産を財産が無い人が行うと非常にスムーズに事が運びます。
 自己破産で債務が帳消しになっても、保証人には一切影響がありません。つまり、保証人に対する債務は継続されるのです。
 ブラックリスト入りして官報にも乗りますが、借金を無くしてやり直すためには仕方がありません。
 とにかく借金の問題を抱え込んだら然るべき所に相談に行き、速やかに問題解決を図るべきです。債務整理はそれほどハードルの高いことではないので、デメリットもありますが、早めの行動をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>