弁護士からNPOまで?借金相談の場所を選ぶには

数年前に過払い金の返還請求が話題を集めてから、借金の相談をするという事務所や団体がウェブサイトを作って相談者を集めることが増えてきました。一件きれいなウェブサイトを持っていて信頼できそうなものでも、実は相談できる範囲に制限があったり借金で苦しむ人をさらに悪い状況に追い込むようなものがあるので、相談先ごとに特徴を知っておきましょう。

弁護士・法テラス
弁護士は借金の整理に関する全ての手続きを依頼人に代わって行うことができます。借金の相談ができる範囲にも制限はありません。法テラスは国が運営する機関で、借金その他の法律的な問題で困っている人のために相談先を紹介したり、無料での法律相談や弁護士への依頼費用の立て替え(民事法律扶助)をおこなっています。敷居は高そうに見えますが、一番安全な相談先です。

司法書士
自分の事務所を「法務事務所」というところがあります。弁護士の事務所が「法律事務所」というのとまぎらわしいので気をつけて選んでください。
司法書士は弁護士に比べて、依頼人に代わって、つまり代理してできる範囲が狭いのが特徴です。債務整理では140万円を超える過払い金の請求や、自己破産の手続きを代理することができません。

行政書士
行政書士も自分の事務所を法務事務所と名乗っていることがあります。依頼人からお金をとって法律相談をすることは実は許可されていないことと、裁判所に行う手続きに関わることができる資格ではないので、相談先にするメリットはほとんどありません。

NPOその他の団体・会社
良し悪しのばらつきがとても大きいのが特徴です。多重債務者が法律関係者の関与を得て作った団体は各地にあり、信頼できるところもあります。
一方、過払い金返還請求など儲かる依頼だけ集める目的があったり、ヤミ金等への借り換えを勧めるような相談先もありますので、ウェブサイトだけで相談すると決めてはいけません。近くに同じ相談先を利用したことがある人がいるなら、使ってみてもいいでしょう。

借金に関する最初の相談は、市役所などがおこなう無料の法律相談を利用することもできます。各自治体の広報を確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>