弁護士や司法書士に借金相談したらどうなるのか?

カードローンなどでお金を借りすぎてしまってにっちもさっちもいかなくなってしまっている人もいると思います。借金から逃れるために夜逃げをするなんて考えている人もいるかもしれませんね。でも、ちょっと待ってください。借金というのは整理できるというのをご存知でしょうか?たとえば自己破産という言葉を聞いたことがあることと思います。借金をどうしても返せない場合はこういった制度を利用するのも一つの手なのです。だからまず借金の返済ができないと思った時点で、夜逃げなどを考えずに弁護士や司法書士の方に相談するべきです。弁護士や司法書士の方に相談したら、様々な方法で私たちを救ってもらえます。
最初に紹介するのは自己破産ですが、自己破産は最終手段だと思ってください。借金をしている人を救ってくれるものには変わりないのですが、借金を帳消しにしてくれる代償として財産を手放さなければなりません。つまり、家や自動車などの財産を手放す必要があるのです。ただ、財産は手放したくないという人もいるでしょう。そんな場合は次に紹介する任意整理がオススメです。こちらは自己破産と違って借金を帳消しにするものではなく、減額にしてもらう方法となります。こちらの方は安定した収入があるという人向きで、これまで長年借金を支払ってきたという人は過払い金なども発生していて大幅減額の可能性もあります。最後に紹介するのが民事再生です。これは任意整理で借金を減額しても支払いが難しい場合に取る債務整理の方法です。どうしても家は手放したくないけど、家のローンもあってカードローンの支払いは厳しいという場合はこの方法がベターです。地方裁判所に申し立てをすることで再生計画ができます。
自分だけで借金の問題を抱え込む必要はありません。借金で支払いが難しいという人は、あきらめずに弁護士や司法書士の方に相談しましょう。借金相談後に、それぞれに合った最適の方法で借金に対応してもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>